千葉県印西市や白井市、千葉ニュータウンのヨガクラスです。男性にもお子様連れのママ、お仕事帰りの女性の方にもご参加いただけるヨガクラスをご用意しています。

シャンティクラヨガ✰石垣島ヨガリトリート2021.09

シャンティクラヨガ✰石垣島ヨガリトリート

昨年コロナ禍で泣く泣く開催を中止することになった石垣島ヨガリトリート、2021年にリベンジです!

2021年9月23日(祝木)~26日(日)開催!!

滞在場所は石垣島白保集落内、ビーチからすぐ近くにある”LeLotusBleu(ルロチュスブルー)”

ルロチュスブルーの外観。玄関の手前には小川のような池が流れていて鯉が泳いでいます。

ルロチュスブルーの門をくぐってすぐの写真。向かって右側には能楽堂(オーナー住居)、左手には蔵(スタッフさん利用)があり、正面に見えているのが私たちが宿泊するお屋敷です。あまりに立派な建物でカメラに収まり切りません(*^-^*)

飛騨高山にあった築100年を超える古民家を石垣島に移築した建物。以前は工芸館として使われていた建物をフランス人のご主人と日本人の奥様のオーナー夫婦が買い取り、ご自分たちでリノベーションを進めながら宿に生まれ変わらせたとか。門をくぐり敷地に足を踏み入れた瞬間、建物の堂々とした重みのある風格と、沖縄ののんびりゆったりとした時の流れとの絶妙で不思議な融合にただ圧倒されました。玄関に入り更に驚いたのは、天井の高さや広い間口や奥行きなど建物全体が細部に至るまでゆとりのある贅沢な造りであるということ。実際に上がって中を見学させていただきましたが、どこを見てもため息が出る美しさ。これだけ重厚感があって迫力がある建物なのに、良い意味で不思議と緊張感がなく、この空間にスッと馴染むことができる優しい空気が邸内を流れていて、気の流れによどみがない感じ。自信と温かみと神聖さがいい具合に同居しているこの空間に、一気に惚れこんでしまいました。

ルロチュスブルーの贅沢な玄関は、凛とした重厚感と穏やかで優しい空気が沖縄のゆったりとした時の流れとともに伝わってきます。

1階には何十人も収容できる大きな大広間が。リトリートではこの大広間を贅沢に使ってのびのびとヨガや瞑想を楽しんだり、みんなでくつろぐ空間にしたいと思っています。

大広間の先にあるピカピカの廊下。ここに座って瞑想するのもいいですね。

廊下から見える外の景色です。何もせず、時間を忘れてただのんびりしたい、そんな場所です。

LeLotusBleuがある白保は石垣空港から市街地に向かう途中にある海辺の集落。


赤煉瓦の家、石垣、フクギ並木と沖縄・八重山の原風景がまだまだ残っている静かな村です。

集落内をのんびりお散歩して、昔から変わらない沖縄のゆったりとした島時間に浸るのもいいですね。

また、ルロチュスブルーから歩いて1分の白保ビーチは世界一と言われる青珊瑚の群衆があることで有名な海。

リトリート中はオプションでサップヨガも企画しています。

どこまでも続く白保海岸。ここは観光客が少ないためこの海を独り占めできることも。

石垣島の絶景スポット川平湾からすぐ近くのビーチでサンセットヨガ。川平湾周辺の海はとても穏やか。

サンライズヨガ。沖縄の朝日ははこんなにも辺り一面を赤く染め上げることがあります。

前回の沖縄ヨガリトリートの様子。波の音、自然のリズムに身も心も委ねるビーチ瞑想の時間。

沖縄ヨガリトリート時のサップヨガ(オプション)の様子

ちゃぷちゃぷチャポチャポ海の音を楽しみながら伸び伸びと気持ちよく

サップヨガを楽しむコツは海にドボン!これを経験すると思いっきり・思う存分サップヨガが楽しめるようになります♬

石垣島の自然の美しさ、島の人々の暖かさ、動物や植物たちとの出会いや触れ合いが、私たちの心と身体を癒し、満たしてくれるはず。

そしてこの素晴らしいルロチュスブルーの建物と空間に包まれ見守られて、ヨガや瞑想を通じて静かにご自身と繋がっていく時間。

自由時間では皆さんと一緒に八重山諸島に遊びに行ったり石垣島の絶景スポットを巡るのも良し、お出かけせずルロチュスブルーでのんびりと過ごすのも良し(これが一番贅沢かもしれません(^^♪)、ご自分のヨガや瞑想のセルフプラクティスを楽しむのも良し。

石垣島の大自然や文化、触れ合いを思い思いに楽しんでいただければと思っています。

ご参考までに、2018年の沖縄ヨガリトリートのブログを以下に貼り付けますのでもしよろしければご覧ください。

①沖縄ヨガリトリート ヨガ編
②沖縄ヨガリトリート サップヨガ編
③沖縄ヨガリトリート 海と瞑想と美味しいごはん編

スケジュール

※感染症やお天気等によって予定変更の可能性があります。また、最少人数8名、定員11名のリトリートとなります。新型コロナウィルスの収束目途がいまだ立たない中の企画ですが、一定の時期にきて最少人数に届かなかった場合は中止とさせていただく可能性があります(中止の場合は返金させていただきます)のでご承知おきください。
※定員は私たち夫婦が運転するレンタカーの乗車人数を考慮の上で決めており、宿泊可能人数には若干の余裕があります。ご自分でレンタカーを借りられる方は定員に達していてもご参加頂ける可能性がございます。
※宿泊していただけるお部屋は3人部屋が2部屋、4人部屋が1部屋、6人部屋が1部屋、全て布団です。各お部屋とても広々としています。部屋割りはこちらで決めさせていただきます。
※お飲み物(サンピン茶・ハーブティー・ソフトドリンク等)はルロチュスブルーにてご自由にお飲みいただけるようこちらでご用意いたします。夕食時にはその他ビール・サワー・ワイン・泡盛等のアルコールもご用意いたします。その他ご希望のお飲み物がありましたら外出時に立ち寄るコンビニ等で各自ご購入下さい。

宿泊するお部屋は2階。全室に琉球畳が敷かれ、窓からは優しい自然光が。各部屋広々とお使いいただけます。

天井には重厚感のある大きな梁があって歴史を感じさせます。ほとんどのお部屋にお手洗いとシャワールームがついています(ついていないお部屋にも部屋専用のバストイレがあります)。

 

9月23(祝木)

飛行機:お昼ごろ新石垣空港集合(皆さんのフライト時間が決まったら確定します)、皆で島内を巡りランチを済ませてルロチュスブルーへ移動(シャンティクラヨガにて送迎します。各自でレンタカーを手配される方はルロチュスブルー現地集合でお越しください)

恋人の伝説が語り継がれる野底岳(マーペー)は360度パノラマビュー。30分ほどの山登りで絶景スポットに辿り着けます♬この岩の先端に座ると足の下に広がる大迫力な景色を臨むことができます(*^-^*)

石垣島を代表する絶景スポット、川平湾。眼下に広がるエメラルドブルーの世界は何度見ても心が奪われます。

15:00 ルロチュスブルー到着、1階大広間にてヨガ60分
16:00 チェックイン・自己紹介、部屋割り発表
17:30 お天気が良ければ車でビーチに移動、サンセットヨガ&瞑想(ヨガニードラ)。旅の疲れをヨガと瞑想で癒します。
18:30 夕食準備・シャワー(シャワーは各部屋に付いています)
19:30 ゆんたく時間(おしゃべりしながら夕食・お酒も大歓迎)。お天気が良ければビーチに出て満天の星空を見上げながらのんびりしましょ。各自就寝。

 

9月24日(金)

6:30 朝ヨガ&五感拡張瞑想でパワーチャージ
8:00 沖縄野菜で雑穀ご飯や玄米&菜食朝ご飯
9:00 自由時間
近隣に遊びに行ったり、ルロチュスブルーから歩いてすぐの白保ビーチでサップヨガ(オプション別料金)したり、ルロチュスブルーでのんびり過ごしたりと様々。ランチは各自で。
尚、ルロチュスブルーの広々としたキッチンを使ってシャンティクラヨガ主宰カオリ(マクロビオティッククッキングスクールリマ師範科受講生)による簡単なマクロビ料理教室も企画しています。

 

我が家で開催しているプライベートクラスのマクロビランチプレート(グルテンフリー)。この日は玄米粉ガレットにお好きなものを巻き巻き。

こちらもマクロビランチプレート。この日は玄米ご飯に甘いバターナッツ(かぼちゃ)のソテーとひよこ豆のハンバーグ、沖縄で買ってきた島ラッキョウも♬オーガニック野菜たっぷりの玄米菜食、卵や乳製品含む動物性不使用、お砂糖や化学調味料等も使わず素材の甘さや美味しさを引き出すお料理です。

17:00 お天気が良ければ車でビーチに移動、サンセットヨガ(陰ヨガ)&瞑想
18:30 夕食準備・シャワー
19:30 ゆんたく時間。お天気が良ければビーチに出て満天の星空を見上げながらのんびりしましょ。各自就寝。

 

9月25日(土)

7:00 沖縄野菜で雑穀ご飯や玄米&菜食朝ご飯
8:00 車で離島ターミナルへ移動、八重山諸島(竹富島等)へフェリーで移動

八重山諸島の一つ竹富島は石垣島フェリーターミナルから15分ほどで到着する利便性の良い島。半日もあればレンタサイクルで島内をのんびり一周できます。昔ながらの家並みが大切に守られていて、赤瓦の民家やシーサー、白砂を敷き詰めた道と琉球石灰岩の塀や一年中咲き乱れるハイビスカスやブーゲンビレアといった、誰もがイメージする沖縄の原風景がそのまま残っています。

赤瓦の家々や花々に彩られた白砂の道、昔ながらの美しい町並みを水牛車でのんびりと観光。ガイドと三線の実演・島唄付きです。

まぶしいほどの白い砂と透き通った青い海が美しいコンドイビーチ。遠浅でほとんど波がないため、海水浴には絶好のポイント。干潮時は海を歩いて向こう岸まで渡ることができます。

夕陽スポットでも有名な西桟橋。桟橋の上はまるで海の上を歩いているような感覚になります。

コンドイ浜には人懐っこいネコがたくさん(^^♪気持ちよさそうにスヤスヤzzz…

レンタサイクルで島内を観光したり、水牛車に乗ったり、ビーチでヨガをしたり(フェリー乗船料やレンタサイクル、水牛車料金等は参加費に含まれていません)。
13:30 フェリーで石垣島へ、ランチ
16:00 ルロチュスブルーに戻る
17:00 お天気が良ければ車でビーチに移動、サンセットヨガ&瞑想
18:30 夕食準備・シャワー
19:30 ゆんたく時間。お天気が良ければビーチに出て満天の星空を見上げながらのんびりしましょ。各自就寝。

 

9月26日(日)

6:30 朝ヨガ&五感拡張瞑想でパワーチャージ
8:00 沖縄野菜で雑穀ご飯や玄米&菜食朝ご飯
9:30 お帰りの支度
10:00 チェックアウト・解散
ご希望の方はチェックアウト後、空港または市街地(離島フェリーターミナル)まで送迎いたします。但しご希望の時間に送迎ができない場合はバスやタクシーでご移動いただく可能性もありますのでご承知おきください。

 

参加費(早割あり)

3泊4日税込68,000円 ※早割特典として2月末までにお申し込みをいただいた方は3,000円引きの税込65,000円とさせていただきます。

参加費には、ヨガ及び瞑想参加費・宿泊費・施設利用費・朝夕食費・島内移動費(自由行動される場合、またご自身でレンタカーを借りられる場合は除く)・ヨガマット及びブロック等のプロップスレンタル料・ルロチュスブルーの駐車場代を含みます。朝食は一部外食(豆腐の比嘉・旬家ばんちゃん等)に変更する可能性あり、その場合は各自負担になります。

往復の航空費・昼食代・サップヨガ参加費(申し込まれる方)・各観光費(フェリー乗船券・レンタサイクル・水牛車等希望される方)は個別にご負担ください。また、旅行保険加入ご希望の方は各自でお願いいたします。
※フライトの手配は、リトリート開催が本確定した後でお願いいたします。

新型コロナウィルス感染拡大、台風、道路状況、現地の都合など、やむを得ない事情が発生した場合には、スケジュールや場所の変更、また最悪の場合中止になる事も御座います。万が一中止になる場合は振込手数料を除きご返金致します。※個人理由のキャンセルは返金対象外となります。下記キャンセルポリシーをご確認ください。

お振込みは参加お申し込み後2週間以内にお願いいたします(入金の確認が取れ次第ご予約確定となります)。
万が一お振込み後2~3日以内にご予約確定メールが届かない場合は下記連絡先までご連絡ください。
連絡先:シャンティクラヨガ 眞武香織
musubiyoga.mk@gmail.com
080-4957-3337

 

【振込先】

①ゆうちょ銀行からのお振込みの方
〔送金先口座(記号番号)〕12380-23364491(名義人:マタケカオリ)
〔送金金額〕68,000円 ※早割は65,000円

➁ゆうちょ銀行以外からのお振込みの方
〔ゆうちょ銀行〕
〔店名〕二三八(ニサンハチと読みます)
〔預金種目〕普通
〔口座番号〕2336449(7桁)
〔口座名義〕マタケカオリ
〔送金金額〕68,000円 ※早割は65,000円

 

【キャンセルポリシー】

1ヶ月前~4日前…料金の50%
3日前~当日…料金の100%

お持ち物

・お着替え(寝間着のご用意はありません)、水着(サップヨガは濡れても良い格好でご参加ください)、ビーチサンダル、歩きやすい靴(滑りやすい場所を歩く可能性もあります)、ヨガウェア(動きやすい格好でしたらどんなものでも構いません)、洗面具、日よけ・虫よけ対策、必要な方は酔い止め等の薬、その他旅行グッズ。※レンタカーを手配される方は免許証をご用意ください。
アメニテイ(歯ブラシ/ボディソープ/シャンプー/コンディショナー/バスタオル/フェイスタオル)の準備はあります。
※9月の沖縄のお天気は真夏並みに暑い日が多いですが、日によって(特に朝晩は)長袖一枚又は一枚薄手の羽織りもの等があると安心かもしれません。気候に合わせて簡単に脱ぎ着ができる服装をご準備ください。
※洗濯機はご利用いただけます。

島内を移動する車内のスペースには限りがあります。必要最小限のお荷物にまとめていただくようご配慮をお願いいたします。
その他ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

ヨガリトリートへのご予約・お問い合わせはこちらから

シャンティクラヨガの石垣島ヨガリトリート。
皆様とのうちなー時間を楽しみにお待ちしています。

PAGETOP
Copyright © シャンティクラヨガ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.